オフショア開発のメリット

本日はオフショア開発のメリットについて書いてみたいと思います。

 

オフショア開発のメリットはやはり一番はコストだと思います。

 

日本だと1000万円の開発費がかかるところが、オフショア開発を使うと500万円-700万円で収まることも多いです。

それは、人件費の安い国で開発をするためで、ブリッジに高い給料を払っても、開発者の人件費が安いですので、そのような価格を実現できるのです。

 

他にメリットをあげるとすれば、開発の標準化、うまくやれば、保守性が国内開発で行うことよりも高まることです。

日本国内への開発会社への発注なら、あいまいな仕様書、基本設計書、詳細設計書がなくても、進んでしまいがちですが、オフショア開発では、ドキュメントを用意すること(それは発注者が用意する、開発会社が用意するに関わらず)が重要になってきます。

 

そうすることで、開発が終わったあとに発注する企業を変えたとしても、保守を別会社がしやすい体制を作ることもできるのです。

比較サイト、マッチングサイトを運営する僕は、御社の案件が成功するように、ドキュメントの用意のサポートだったり、契約面の細かい事項だったりをサポートをさせていただきたいと思います。


Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of